ちょろみの活動報告

チョロチョロしながらいろんなことに手を出します。やったこと、行った先での出来事を日記にします(^^)

ちょろ学のちょ〜英語編 その1〜

こんにちはちょろみです

 

 

前回書きましたiPhoneデータ紛失事件が解決してないので

 

 

その間ちょっと小道にそれますが海外旅行中に私が思ったことを書かせてもらいます。

 

ちょろみ流哲学略してちょろ学

 

 

ちょろ学第一弾は多くの人が一度は考えたことがあるであろう

 

 

「英語を話せるようになりたい」についてです

 

f:id:nbdj70mi:20201212195626j:plain

はぁぁぁぁ!懐かしい!オペラハウスです

 

やっとデジカメのデータを見る勇気が出たのでとりあえず内容に関係ないけど写真挟んでいきます笑

 

 

 

みなさん、「英語が話せるようになったらいいなー」

 

 

って思ったことあるでしょう?

 

ちょろみもその中の1人。海外に行った目的の1つでもあります

 

 

私なりに海外に行って英語について思ったことを書きます

 

 

ちなみに私は1年ちょっと海外にいてペラペラになったわけでもありません

 

帰国して1年経ってむしろ退化してるくらいです。

 

これ見て英語の勉強法がわかるとかではないのでご了承ください!

 

 

ただ、英語に実際に触れてみたからこそ思ったことを書きます

 

少しでも英語に対する考え方の参考になればいいなとは思ってます(^^)

 

 

【そもそもの英語力】

海外に行く前の私の英語力ですが

 

初めて英語に触れたのはおそらく小学校高学年の頃

 

アルファベットを習いました。

 

中学校になって人称代名詞?を習い

 

アイマイミーマイン!

 

ユーユアユーユアーズ! 

f:id:nbdj70mi:20201128223952p:plain
この時点で何を言ってるかわからんかったけどとりあえず丸暗記するよね

 

これは覚えれた

 

そして次、文法になった瞬間

 

は?ってなりました

 

そもそも頑張って覚えたアイマイミーマインがなんなの?って話よ。 

 

テスト前お母さんにI (  ) happy みたいな英語の問題出されて

 

( )に入る単語がわからなくてis とかhisとかとにかく適当な単語を連呼したのをうっすら覚えています

 

こいつ英語壊滅的やなって思われたと思います

 

文法の概念がわかってなくて

 

主語の次は動詞がくるとかなんかそういうのが何言ってんのかわからなかった

 

 

でもその文法をなんとか理解できたんですよね

 

そっからなんとなく英語が理解できるようになったと思います

 

高校になったらわりかし英語は得意な方でした。

 

 

果たしてどれくらい高校レベルで英会話ができたかはわかりません

 

そして一生懸命勉強した受験用の英語も高校卒業すると一気に私の記憶から消えていきました

 

【社会人になってからの英語力】

f:id:nbdj70mi:20201212195847j:plain

社会人になってもずっと英語の発音とかは好きでしたね、なんかかっこいいっていうか。 

 

ただ英語力は中学生レベルだったと思います

 

海外に行きたい!英語の勉強もしたい!と思い始めてから少し英語の勉強の動画を見たくらいで

 

まぁいくら意欲があっても英語の勉強って何をしたらいいのかわかんないんですよねぇ

 

 

実験が好きなちょろみは海外に行く前の英語力と帰国後の英語力を比較してみることにしました。

 

CASECっていうテストがあって

 

英語って言ったらTOEICとかが有名だけどあれ受験しにいかないといけないし

 

結構高いから受けるの大変でしょ。

 

と思ってたらネットでできてすぐ採点結果も見れるし比較的安くでできるからやってみました

 

1回3600円くらいだった気がする!

f:id:nbdj70mi:20201212213027j:plain

海外行ったの2018年の6月なんやけどなぜか2017年にもやってみてる笑

2018年6月が英語の勉強する前(590点)

「日常生活で交わされるごく一般的な内容についてのコミュニケーションが可能」レベルらしい

 

2018年7月がセブ島での語学学校卒業した時にやったやつ(635点)です

 

そして1年の海外生活を経て2019年9月が帰国後にやったやつ(695点)ね

 

 

そして2020年、一番上のやつは

 

帰国後1年間英語フリー生活を経ての英語力をみてみようと思ってもう一回受けてみました〜

 

なぜか最近のやつが一番高得点笑

 

CASECのTOEIC目安がどこまで的確なのかは知らないけどこうやってランクとかセクションごとの評価をしてくれるので

 

フィードバックもあって本気で英語勉強したい人にはおすすめカモです。

f:id:nbdj70mi:20201212213007j:plain

今回受けながら「リスニング(section3,4)めっちゃ簡単やん!」

 

と思ってたけど成績は他のセクションと変わらんかった笑

 

てな感じで私の英語力なんてこんなもんっすよ

 

でもTOEICにしたら海外行く前と後で200点くらい違うからやっぱ英語力は上がったのかもね!

 

 

 

【英語の勉強とは】

まず厳しいことを言いますが、英語を話せるようになりたいなら

 

勉強するしかありません

 

楽して英語が話せるようになるんだったらみんな話せるようになってるはず

 

最近は英語ブームだしいろんな英語の勉強方や、簡単に英語が身につく!みたいな教材もあります

 

英語に興味がある人はそういうものを見たり買って読んで見たりしたことがあるのでは?

 

でも正直それで英語が話せるようになった!という人は少ないのではないでしょうか

 

決してそういった教材を否定しているわけではありません。

 

今はYouTubeやラジオ、ネット配信、スカイプ英会話など様々な英語勉強ツールがあります

 

もう英語教材パラダイス時代です。

 

英語を話せるようになるのに大事なのはモチベーション勉強方法です

 

 数ある教材の中からどんなものを選んだら成果が出やすいのか

 

どんな勉強をしたらいいのか

 

ちょろみ的に効果的だと思う(個人的に調べて得た情報含む)勉強法をお伝えします

 

【モチベーション】

 

これなしには英語にかかわらずどんなことも継続できないでしょう

 

仕事で必要だからとか受験のためにという場合ならやるしかないですが

 

趣味というか、日常生活を送りながらちょっと日常とは離れてしまう英語を学ぶにはやっぱりモチベーションが大事です

 

仕事も受験も立派なモチベーションですけどね!

 

逆に必要に迫られないからこそ自主的に勉強するのは難しいものです。

 

まずはどんなモチベーションでもいいので自分にあったモチベーションを見つけましょう

 

映画が好きな人は「映画を字幕なしで見れるようになりたい」とか

 

海外旅行が好きな人は「海外に行ったときにより旅行が楽しめるようになりたい」とか

 

「子どもと一緒に英語が話せるようになりたい」とか

 

自分にとってワクワクすること、高すぎない目標をたてることはモチベーションの維持に繋がります

 

私はただ単に英語に憧れがありました

 

でももっと考えてみると

 

「海外の人と話す機会があった時に相手の言っていることを理解したい、自分の言いたいことを伝えたい」

 

「トムハンクスが話していることを和訳を通してではなくダイレクトに理解したい」

 

「もしトムハンクスに万が一遭遇したらちゃんと自分の気持ちを伝えたい」

 

でした(どんだけトムハンクス

 

英語に触れる環境やモチベーションの高さ、目標の高さは人それぞれです

 

よく考えてみたらペラペラになりたい人は少ないのではないですか?

 

自分の心に問うてみてください(宗教勧誘風)

 

映画を字幕なしで観れるようになりたい人は流暢に話せるようになる必要はないし

 

子どもと一緒に英語に触れたい人は簡単な英語を学べればいい

 

海外旅行に行きたいのなら旅行で使える英語や必要最低限の英語を覚えるだけでもいい

 

 

英語と言ってもどの分野に着目するかも大切ですね。

 

政治家が話す内容を理解するのは難しいけど、NHKの教育テレビで話す英語の内容はわかりやすいように

 

英語にもレベルがあります

 

 

外国語で政治の話をしたい人なら相当レベルの高い英語力が必要かもしれません。

 

最終的にどこまで勉強したいかは後で考えるとして

 

きっかけや、はじめの目標はこういうことでいいと思うんです

 

 

義務教育の数年間英語を勉強した経験があっても英語圏の子どもの方が上手に英語を話せるかもしれません

 

それが悪いことなのではなく、他の言語を学ぶということはそれだけ大変だということです

 

小学生がいきなり高校生の数学を理解できないように

 

レベルに合わせた勉強をしないと学習になりません

 

そもそもレベルの合わない勉強法をやって一番楽しくないのは自分自身なはず!

 

めっちゃ英語勉強しました!カタコト英語から流暢な英語を話せるようになりました!

 

的な語りをしていますが

 

私は英語をペラペラ話せるわけじゃありません(あはは〜

 

f:id:nbdj70mi:20201212200241j:plain

でも英語に1年触れてみて英語の勉強についてはめっちゃ考えました

 

 

ペラペラ喋れる人の勉強法や頭のいい人のおすすめ教材とはまた違った視点で英語勉強について参考にしてもらえたらと思います

 

突然ですが

 

みなさん、日本語をきちんと話せることを誇りに思ってください!(本当に突然)

 

私は海外に行って日本語の複雑さやレベルの高さを実感しました。

 

生まれながらに自然と日本語を話せることは日本にいたらあたりまえだけど本当にすごいことです。

 

 

外国の人からしたらひらがなとカタカナと漢字混じってるとか意味わからんよね笑

 

 しまいには最近「まじ卍(古)」とか「ぴえん」とか言い出す始末

 

いやもう卍とか漢字なの?記号なの?

 

私たちでも混乱するわ笑

 

 

まぁ外国語にも造語はあるんだろうけどね!

 

 

もし自分が日本以外の国に生まれて日本語を外国語として学ぶとしたら相当な努力が必要です。

 

海外の人が日本語カタコトでも話せたらマジですごいと思いました。

 

それに比べたら英語はシンプルです

 

日本人は先進国のくせに英語まじで話せないけど

 

まずは日本語を話せることを誇りに思ってください!

 

話は逸れましたが

 

とにかくモチベーションを持つこと、目標を決めることが英語の勉強を始めるにあたって大事です

f:id:nbdj70mi:20201212200430j:plain
 

はい!じゃあ英語を勉強したい理由や英語を使って何をしたいのか目標を決めてください!

 

 

決めました?

 

 

次は自分の今の英語のレベルと目標レベルを決めてください!

英語レベルって評価しにくいですよね

 

さっきのCASECやTOEIC、IELTS、英検とか色々スコア化できるものはあるけど

 

ちょろみ風にもっと簡単に分けてみると

・簡単な”単語”なら聞き取ることができる、言える

・簡単な英語(文章)を聞き取ることができるが内容は理解できない

・簡単な英語(文章)なら内容を理解できるけど話すことはできない

・簡単な英語(文章)なら内容を理解でき話すことができる(カタコトだけどなんとか相手とコミュニケーションが取れる)

・日常英会話を聞き取ることができるが内容は理解できない

・日常英会話が理解できるが話すことはできない

・日常英会話を理解でき、同じように話すことができる

・トランプさんの言っていることが理解できる、トランプさんを論破できる(←)

 

 

こんな感じですかね!

 

聞き取ることと、理解することと、話せるようになることは勉強法について考える時もちょっとだけ区別が必要です

 

みなさんは今どこのレベルで、目標はどこのレベルにしますか?

 

次回は実際に英語を勉強しようと思った時の勉強方法をお話してみたいと思います

 

 続かなかったらごめんなさい☆

 

ではまた!

 

choro.

 

姉さん、事件ですpart2

こんにちはちょろみです

 

もとい

 

初めましてちょろみです

 

前回の記事が3月だということを先程確認しまして今この記事を書いています。

 

もう久しぶりとかじゃなくて初めましてだよね

 

見てる人も皆無だと思う

 

 

でも私は書くよ!

 

こんなことになったのには理由がありまして、今日はそれをお話しします。

 

なので海外での活動のことは今回出てきません。ご了承ください。

 

そしてご了承したうえでよければ読んでください。

 

いつにも増して役に立つ情報はないと思います(←)

 

そうなんです、タイトルにもある通り事件です。

 

もう、前回の事件なんて可愛いもんよ

 

前回ってなにがあったん?て人のために要約すると

 

飛行機が激遅延して乗り継ぎの飛行機にのれず四苦八苦した事件です

 

前回の事件がどれくらい可愛いかって言ったらマンチカンの子猫くらいめちゃめちゃ可愛い

f:id:nbdj70mi:20201115230725j:plain

これネットから勝手にパクってきたんやけどいいんかな?

 

ダメだったらごめんなさい

 

可愛いから許してほしい(マンチカンが)

 

 

前の事件がマンチカンの子猫ならこの事件は

 

前を歩いていた人が財布を落としたので、拾って「落としましたよ」と渡すと

 

「チッ」と舌打ちながら財布もぎ取られてお礼も言わずに去っていく人くらい可愛くない

 

いやそれで事件なんですけど

 

あれは忘れもしない今年の1月のいつか(←忘れてるじゃないですか姉さん)



ある普段と変わらない日の夜、寝ようとしていたちょろみ

 

携帯依存症に足を突っ込んでいる私は寝る直前にもネットをみたりYouTubeをみたり。

 

特にYouTubeはよく見てて、宇宙に関する動画を見てるといつの間にか寝落ちしてたりするのね

 

まぁそれは余談でして

 

 

そんな感じで寝る前にちょっくらiPhoneを見たのね

 

そしたらなんかのアプリ開いたところでフリーズしちゃって

 

その後、電源入れた時のアップルの画面になったのね

 

またつくのかなと思ったらずっとその画面でさ

 

電源切れないし再起動もできないしで

 

充電が切れるのを待つしかできないからとりあえずそれで寝たわけ

 

また次つけたら治ってるっしょってね

 

思うたよね

 

次の日充電し直しても結局最初の画面から動かないの

 

どーーしようかなと思ったけど仕方ないから仕事に行って

 

そんなしてたら治るかなと思いきや

 

治らないのね

 

これは困ったがそれでもどっかで治るやろと思っていたちょろみ

 

次の日仕事が休みだったから朝からまたチェックしてみるも

 

最初の画面のまま

 

参考までに載せておくとこれね↓

 

f:id:nbdj70mi:20201118120822j:image

ちなみにリンゴループっていうらしいね



可愛い名前つけてるけど1ミリも可愛くないから(怒)

 

使えないのは困る、さっきも述べたように携帯依存症気味だからやっぱ使えないと困りますわよ

 

ということでリンゴ屋さんの正規修理店にいき治してもらうことに

 

「この状態だと初期化することになりますけどいいですか」と

 

「はい」と

 

「バックアップはとっていますか」と

 

「はい」と

 

しばらく預けてどうなるやろかと思ったけど

 

初期化されてまた使えるようになったらしく

 

よかったよかったと帰宅

 

なんなら買い替えかなとか思ってたからさ

 

また使えるならよかったわーと思ったわけ

 

ここで終わりならブログになんか書かないよね

 

そう、初期化する前にバックアップができていなかったんですね

 

厳密には、海外に行く前に1回バックアップしてたから2年くらい前

 

帰ってきてやったと思ってたらできてなかったの

 

え?え??

 

E?

 

ゑ??

 

まぁなんかの勘違いかなんかでしょと思うけど

 

なんかいろいろ探してみるけど、海外から帰ってきてやったはずのバックアップのデータが残ってないのね

 

徐々に状況が飲み込めてきて

 

つまり海外の写真がパソコンに保存できてなくて丸々消えたのです

 

動揺するわ混乱するわちょっと一旦思考停止するわ

 

どうしていいのかわからないまま友達に慌てて電話

 

どうしようどうしよう!!!

 

なきかぶりながら電話していろいろ案を出してくれた友達

 

パソコン屋さんに行ってみたけど、

 

「初期化してたらどうしようもないっすねぇ…」

 

と模範解答

 

それは私でも思いつくレベルの模範解答だから

 

「その先の復元方法とか何か知りませんか!?!?(泣)」

 

と藁にもすがる思いで尋ねますが

 

「もう初期化してたら残念ですけど方法はないですねぇ」

 

とパソコンのどっかにデータがないか探ってくれながら申し訳なさそうに言われました。

 

 

店員さんは全然悪くないんだけどさ、

 

「一般的には初期化するともうデータ復旧できないと言われているけど

 

実は裏技があるんですよ」とか

 

デジタル専門の人なら知っていることを期待した(ていうかそこにしか期待できなかった)

 

けどそんなこともなくて

 

パソコン屋さん行く前は「ダメかもしれないな」が半分

 

「意外となんとかなるんじゃないか(というよりまだ諦め切れない)」が半分

 

の気持ちで行ったけどそんな返答だったので

 

駐車場で泣きました

 

 

だってだって

 

 

1年ちょっとの間の貴重な経験を全部写真に納めてきたのに

 

それが全部なくなってるなんて信じられない

 

海外にいる間はバックアップできないから

 

iPhoneだけは壊れたり無くしたりしないように

 

パスポートの次に気を付けて持ち歩いていたものでした。

 

帰ってきて速攻パソコンにバックアップしたつもりだったけど

 

多分同期してただけでちゃんとバックアップできてなかったんよね。

 

 

デジカメでもたくさん写真は撮ったけど

 

すぐに写真撮りたい!と思ったものはほとんどiPhoneで撮ってたし

 

ラソン走りながらの写真はiPhoneでしか撮ってなかったし

 

ブログに載せたいと思う写真もほとんどiPhoneで撮ってました。

 

デジカメに収めるほどでもないけどちょっとした面白いこととか

 

何気ない写真がたくさん入ってたのに

 

旅行中も記念の物を買うよりも写真を撮ることが思い出に残ると思って

 

写真に全てをかけていました。

 

 

写真を見ながら「あの時はこんな風に思ってたなー」とか思い出すのが醍醐味だと思っていたので

 

体験した事実が大事だし、記憶にはまだ残っていることがあるとはいえ

 

1年ちょっとの貴重な経験の写真が全部なくなってしまったことをすぐには受け入れ切れませんでした。

 

かといって

 

これまで写真を見返したり整理したりするわけでもなく

 

お母さんから「写真見せて」と言われていたので

 

本当はgoogle photoに保存して見せてあげないとなと思っていたけど

 

それをするわけでもないまま帰国して数ヶ月が経っていました

 

私が普段からもう少しちゃんとしている人間だったらこんなことにもならなかったはず

 

google photo に保存してればなにも問題なかったのにぃ

 

そんなに大切なものならもっとちゃんと管理すべきだったと

 

悲しさと後悔でいっぱいでした。

 

 

それからしばらく、初期化されたiPhoneのデータ復元について調べたりもしました。

 

データ復元ソフトも沢山あったので購入してみたりもしたけど

 

だいたい「初期化したものには無効」と書いてあるものばかりで

 

結局データの復元ができませんでした

 

 

あまりのショックに全然受け入れて前に進むことができず

 

初期化されたiPhoneをそのまま使うこともできなかったので新しいiPhoneをとりあえず購入

 

 

古いiPhoneはそのまま今まで放置していました。

 

デジカメにも結構写真が残っているので確認したい気持ちもあったんですが

 

iPhoneで撮った写真がもうない」ということを思い出したくないので

 

デジカメの写真も見れなかったし、もちろんブログも書く気にもなれませんでした

 

もともと帰国してから数ヶ月経つのに1つしか書いてなかったけどね笑

 

そしてよく見たら1つ前のブログも3月に書いてるんですよね

 

たぶん途中まで書いてたから、一応書かないといけない義務感は残ってた模様

 

ブログ内に保存してた写真とメールのスクショで乗り切ってます

 

でもやっぱりそれ以降はなんせブログに載せる写真がないし

 

海外のことを見たり聞いたりするのも辛くてブログも放置。

 

 

せっかく貴重なめっちゃ楽しい1年だったのにこんな風に思うしかなくて残念だなと思っていました。

 

 

それから10ヶ月が経ち

 

私はコロナ騒動でどこにもいけず毎日ダラダラした生活を送っていました

 

 

楽しいことが辛い気持ちを忘れさせてくれたわけではないですが

 

月日が経って悲しい気持ちがだんだん薄れていったんですねー

 

それでもデータ復旧を諦めたわけではありません

 

やっと復旧に対して前向きになれたというか

 

 

そろそろやるしかないかと思ったというか

 

やっと重い腰があがりそう(でも上がらないぃ…!)って時に

 

 

友人が「ブログ待ってるよ」と声をかけてくれました

 

やっと海外でとった写真がなくなったことを話せるようになって

 

写真はまだないけど記憶がまだあるうちにブログをもう一回書こうと思えました。

 

 

そんな風に言ってくれる人がいて本当に嬉しかったです。

 

と、ここまで「お前は愛する人を殺されたんか」レベルの私の心情を書いてきたわけですが

 

 

まぁそういう理由でブログを放置してたわけですよ

 

まぁデータが残ってたところで更新してたかは謎なままです。

 

 

もし万が一幸いにも地獄で仏にあったかのような、棚ぼた的ミラクルな奇跡がおこって(うるさい)

 

写真が戻ってきたら

 

これまで以上にたくさん写真載せてブログ書きます

 

 

だめだったら頑張って文字の力でなるべく海外のイメージができるように頑張って書きます!

 

 

ということで大半は私のナヨった話で長くなりましたが

 

次回はいよいよParisに行きますよ

 

 

写真なさすぎて書けなかったらごめんなさい

 

 

Choro.

姉さん、事件です。

って知ってる?ドラマ「HOTEL」の最初ね。(私も全然詳しくない模様)

f:id:nbdj70mi:20200302084316j:image



お久しぶりです、ちょろみです

 

事件です!2ヶ月以上ブログ放置してました。

f:id:nbdj70mi:20200302093534j:image

 

いや、これは事件ではなく、ただの怠惰ですっ

 

 

前回のブログの続きで(覚えてますか?)

 

ヒューストンから次の行き先へ向かう予定だったのですが

 

本当に事件発生です

 

今回はその一部始終をお送りします。

 

 

多分きっとおそらくつまらないけどお送りします。

 

 

次の目的地へ向かうため、ヒューストン空港に到着です

f:id:nbdj70mi:20191226235116j:image

 

ターミナルへ移動します

f:id:nbdj70mi:20191226235347j:image

 

チェックインカウンターまで到着
f:id:nbdj70mi:20191226235052j:image

セルフチェックインしまして

 

いやー話逸れるけどセルフチェックインが普及しだして

 

国際線に乗るのはかなりハードル下がったと思う!

 

だって話さなくてもパスポートとか予約番号あればいけるし

 

なんなら日本語対応の機械だってあるからね

 

出国・入国審査も機械だったりするしね

 

世の中どんどん便利に、そしてグローバル、しかし外国の言葉がいらない時代になりますね(誰)


f:id:nbdj70mi:20191226235120j:image

話を戻しまして搭乗ゲートに向かいます

 

途中でNASAお土産売り場発見
f:id:nbdj70mi:20191226235217j:image

あーやっぱいいなぁ

 

NASAに後ろ髪引かれながら次の旅へ

 

ということで、今回の移動スケジュールですが

 

4/7 12:56 ヒューストン発

    Spirit Airlinesで

    2時間25分のフライト

4/7 16:21 フロリダ着

 

4/7 23:00 フロリダ発

    Norwegian Airlinesで

    8時間40分のフライト

4/8 1:40 パリ着

 

の予定でした!フロリダで6時間の乗り継ぎ時間がありますが

 

航空会社も違うので、余裕もって長くてもいいやーと思って

 

格安航空券を予約してたんですねー

 

Spirit airlines

f:id:nbdj70mi:20191229171500j:image

そしてヒューストン空港搭乗ゲートで待機してたら

 

結構なひどい雨が降り始めました

f:id:nbdj70mi:20191229174338j:image

すごーいめっちゃどしゃ降りやん

 

って他人事のように見てたら

ゲートのお知らせに「Delayed」と表示が。

 

雨でちょっと出発が遅れたようです

 

親切にもメールでお知らせが来ました

f:id:nbdj70mi:20200301232313j:image

 

 

みんな揃っているであろう搭乗前にメールくれる意味…

 

まぁまだ来てない人に時間変更になったよ、それでも出発の2時間前には来ててねっていう連絡でしょうね
f:id:nbdj70mi:20191226235153j:image
まぁ仕方ないかと思いながらプロテイン入りのバーを食します

 

ちょろみさんこんな時でもランニングのため筋肉維持への余念がありません 

f:id:nbdj70mi:20191229174246j:image

出発ロビーでアナウンスを待ちます。みんな待ち長いねー

 

そしてまた遅延のお知らせ。アナウンスはわかりにくいけど

f:id:nbdj70mi:20200301232335j:image

 メール見るとまた時間が遅れますと。

 

 

また連絡が

f:id:nbdj70mi:20200301232354j:image

その6分はなんなの?

 

 

f:id:nbdj70mi:20200301232406j:image

 

どんどん遅れますなー。

 

ここに来て6時間の乗継時間がある私勝ち組

 

f:id:nbdj70mi:20200301232447j:image

 

と思いながら待ってました。まぁ向こうで待つのも

 

ここで待つのも同じやし!

 

f:id:nbdj70mi:20200301232500j:image

 

 なんか少し早まったりなんかしちゃって。

 

でもこの時点でもう3時間待ってますからだいぶみんな疲れ気味

 

 

そしてやっとこさ搭乗!!!

 

やっと乗れた…と思ってたら

 

動かないじゃないか。

 

全然離陸しないじゃないか。

 

外みたら
f:id:nbdj70mi:20191226235048j:image

すごい飛行機渋滞してるやん!

 

こんな飛行機の渋滞なんて見たことない!!

 

みんな離陸待ちです

 

そりゃそうよね、フロリダの国際空港全部の飛行機が大雨で足止め食らってたから。

 

そして順番どうなってるかわからんけど

 

なんとなく格安航空会社は順番後回しにされてる気がする笑

 

 

飛行機のって1時間は待ったかな。

 

…ここにきて初めて次の便の心配しだすちょろみ

 

そして事態は悪化します

 

なんと飛行機を降りろとアナウンスが!

 

それもまたアナウンスがわかりにくくてはっきりわからんやったけど

 

たぶん燃料が足りんかも的な感じやった

 

ブーイングの嵐の中降りる乗客
f:id:nbdj70mi:20191226235225j:image

なんで?なんで?そしてどうなるの?

 

次の便に間に合わないかもしれない状況に気づき焦るちょろみ

 

そしてアナウンスがよくわからない

 

そしてどうしたら良いのかわからない

 

f:id:nbdj70mi:20200301232550j:image

はい、この時点で予定していたパリ行きの便はたぶん間に合わない

 

…いや、この時刻に着けばギリ間に合う…

 

再び出発ロビーで待つことに。f:id:nbdj70mi:20191226235245j:image

 

たぶん、キャンセルする人はどこかに問い合わせてくださーい的なアナウンスとかしてたけど

 

よーわからんし、私は待つしかない

 

もうこの便は欠航になるのか、それとも遅延だけど運航するのかもわからないから不安です

 

カウンターに聞きに行ってる人もたくさんいたけど

 

待ってる人の顔ぶれが変わらないからたぶんみんな出発まで待つのよね

 

f:id:nbdj70mi:20200301232741j:image

 とか考えながら待ってたらもうとうとうパリ行きの便が出発する時間にフロリダにつけない事態に

 

 

終わりましたー致命的遅延!

 

 

次に考えるべきは着いてからのこと!だけどいつ着くかもわからんしどうしよう

 

 

 

f:id:nbdj70mi:20200301232755j:image

そんなこんなしている間もどんどん遅延します

 

ということで海外旅行保険の保障を確認することに

 

急いで自分の入ってる保険の保障を確認して何が必要か調べます

 

空港はWi-Fiあるしなんなら時間もたっぷりありますので(泣)

 

私の保険の場合「飛行機遅延」の保障は

・6時間以上の遅延で次の渡航先への乗り継ぎ便に乗れなかった場合(遅延証明書が必要)

・遅延によりかかった「食費」「宿泊費」「交通費(公共交通機関)」を

領収書を取っておけば最大2万円まで保障してくれるそうです

 

 

ここまでわかったところでとりあえずやるべきことは

・これから買うものの領収証を取っておく

・到着したらSpirit Airlinesの遅延証明書をもらう

・飛行機が出発するまでひたすら待つ

・とにかくフロリダまで行かないと

・泣きたいぜ

・でも泣かないぜ

・いつかは出発するんだから

・…するよね?

・信じて待つしかないちょろみ泣

・なんとかなるさと自分を勇気付けます

・とにかく出発ロビーがカオスなのです

 

 

まだ時間かかりそうだったので

f:id:nbdj70mi:20191226235209j:image

とりあえず開き直って空港で食料調達

 

(領収書はしっかりとっておきます)

 

なかなかボリューミーなヨーグルトでございました

 

あとはもうみんな食料買うからスナック系とかしかコンビニになくてさ

 

あんまりお腹も空かなかったから良いんだけど!

 

そしてやっと飛行機乗りました…

 

やっと、やっと出発かと思いきや

 

また降ろされた

 

詳細は聞き取りにくいアナウンスだったけど原因ははっきり理解できたぜ

 

「クルーの時間交代」だそうな(撃)

 

 

f:id:nbdj70mi:20200301232657j:image

まじかよ!!!!まじかよぉ!!!(泣)

 

いやもはや次の便に乗れないから別に何時になっても良いけど

 

正直この飛行機で出発できる気がしない

 

一生ヒューストンを抜け出せる気がしない

 

みんながっかりイライラしながらも待つのよ

 

みんなも何とかしてでもフロリダに行かないといけない用事があるのね

 

もう他の案内アナウンスはもはや何を言っているのかわからない

 

けど知った顔の人がずっといるからたぶん待ってたら乗れるんだろう。

 

さすがに不安になってそこらへんの人に聞いてみたけど

 

「11時ごろになるぽいよ」という情報しか得られず

 

 

もちろんキャンセルして帰ったひともいるし

 

もうみんな床に座ってうなだれてるし

 

かと思ったら「こんな時こそ元気出さないと」て思った大人が

 

ロビーで子どもと一緒にラグビー始めるし

 

それみて数人の乗客(ちょろみ含む)が微笑む

 

9時間の遅延の末

f:id:nbdj70mi:20200301232838j:image

ようやく出発です!!
f:id:nbdj70mi:20191226235312j:image

また降ろされるなんてことないよね

 

そう思いながら飛行機に乗り込みます

 

たぶん遅延していた飛行機たちはもう離陸してしまっているでしょう

 

 

9時間も待たされて、2回も飛行機を降ろされたわけですが

 

数時間の遅延があればスタッフの交代も仕方ないのかも

 

遅延祭りの中、欠航になった便もありました。 

 

それでも真夜中に飛行機を飛ばしてくれたんです

 

 

今ならそう思えます。

 

今ならね

 

 

2時間半のフライトのために9時間待ったわけです

 

あっという間にフロリダに着きました
f:id:nbdj70mi:20191226235156j:image

 

しかしこっからですよさらなる事件は。

 

 

まだあるのかよって思ったそこのあなた、ごめんなさい

 

f:id:nbdj70mi:20191226235138j:image

フロリダ空港へ着いたは良いものの、深夜の3時を過ぎています

 

深夜の空港は閑散としていて、航空会社のカウンターは閉まっています

 

次乗る予定だったNorwegian Airlinesも閉まってます

 

9時間の遅延を乗り切った同士達もほとんどはフロリダが目的地だったようで

 

タクシーに乗り込んでそそくさと帰っていきました

 

ここで私は自分の置かれている状況を理解しました

 

「あっやべぇ(独)」

 

と、とりあえずどうする?

 

若干パニクりながら

 

空港をウロウロしてみる

 

 

とりあえず保険会社にどうしたら良いか連絡することに

 

しかし私は電話をする術がない!

 

と思いきや、到着ロビーに公衆電話が


f:id:nbdj70mi:20191226235134j:image

これです

 

公衆電話なんだけどお金入れるところがない。

 

は?え?なんやねんそれ

 

なんかフリーダイヤルできそうだったからこれでやってみた

 

保険会社もフリーダイヤルあったからかけてみた

 

そしたらかかったのー!!!

 

神様仏様!!ありがとう!!

 

状況を説明して、とりあえず遅延証明書をもらうことと

 

次の乗る予定だったNorwegian Airlinesに電話してみてってことで電話番号教えてもらって

 

電話してみたら

 

フロリダからパリ行きの飛行機は2日に1回でこの日の便はないと。

 

えーーーーーーどうしよう!

 

まぁないものはないしそれ以上なんの言いようもないから電話きって

 

もう一回保険会社に結果報告して

 

保険会社もそれ以上は何もできないからさ

 

あとはとりあえず証明書をもらってなんとかします、路頭に迷ったらまた連絡します

 

と伝えて切りました

 

解決はしなかったけど、日本人と話ができて、優しく対応してもらえただけですごく心強かった
f:id:nbdj70mi:20191226235228j:image

電話きってロビーみるともうこんな感じよ。

 

人ほとんどいねーし掃除の人しかいねーし

 

とりあえずSpirit Airlinesで深夜に処理に終われる機嫌の悪そうなねーちゃんから遅延証明書をもらいました

 

 

航空券を買うときに、乗り継ぎが違う航空会社だったから大丈夫かなと思ってたんだけど

 

万が一遅延とかで次の便に乗れなかったら航空券会社がサポートしますって書いてたのね

 

だからその会社に連絡してみることに。

 

電話は公衆電話から繋がらなくてメールで問い合わせることに。

 

しかしその会社もオーストラリアとカナダが本拠地のようだからこんな時間にメールは帰ってこないんです

 

電話がないから空港内で電話探し回るけどないし、

 

空港のインフォメーション的なところにも人はいないし

 

通話ができるSIMカード的なのを売ってるところもなくて

 

私一体どうやってこのフロリダの空港から電話できるのかわからなかった

 

ひたすらぐるぐるして、会社からの返信待って夜が明けます

 

たぶん今日はどっちにしても飛行機ないからフロリダに1泊するしかなくて

 

さっそくホテルをとります

 

こういう時にネットでホテルがすぐ取れるってマジで便利

 

電話をかける手段もわからないちょろみはそう思いました

 

結局朝になって空港の中探すけどSIMカード的なのがなかったの

 

国際空港でそんなことある?

 

今思えば朝になってからでも人に聞けばよかった

 

アホみたいだけど、この時はそんな発想がなかったの

 

とりあえずバスでフロリダ市内に向かいます


f:id:nbdj70mi:20191226235255j:image

フロリダ市内へはバスを乗り継いで行きました


f:id:nbdj70mi:20191226235306j:image

それ自体は比較的簡単だったんだけど、もうこの先の不安しかないよね


f:id:nbdj70mi:20191226235259j:image

ホテルの最寄りのバス停へつきました

 

それにしてもバスはやっぱり苦手だーf:id:nbdj70mi:20191226235351j:image

ここがアパートメント的な泊まる所です

 

とりあえず荷物置いて買い出しに行きます

 

航空券会社からの連絡はないし、

 

この先どうなるかわからない気持ちを晴らすようにスーパーまで歩きます
f:id:nbdj70mi:20191226235105j:image

道中ガチで泣いた

 

どうしたらいいのかわからなくて泣いた
f:id:nbdj70mi:20191226235341j:image

ここがスーパーです


f:id:nbdj70mi:20191226235241j:image

店内はかなりの品揃え。冷食なんかはめっちゃあります


f:id:nbdj70mi:20191226235249j:image

ドーナツもあるようひゃー



f:id:nbdj70mi:20191226235359j:image

バナナ(必須)、パン、ドーナツ、丼みたいなやつ

 

プロテイン気にするちょろみ

f:id:nbdj70mi:20191226235238j:image

さっきの冷凍のご飯はこんな感じだよー

 

とりあえずお腹空いたし眠いし(なんだかんだ寝てないからね)

 

悲しいのでご飯食べたら速攻ベッドに潜り込んで落ち込みます


f:id:nbdj70mi:20191226235127j:image
キッチンはこんな感じだよ

 

 

結局ね、その航空券会社から連絡きて、

 

「メールじゃ飛行機の手配ができないから電話して」って言われるんだけど

 

このアパートメントもセルフサービスみたいな感じでスタッフいなくて

 

本当に電話できなくて何度も

 

「電話できないからメールでやりとりさせて」って言ってるのに

 

頑なに拒否されてそれの押し問答で

 

結局時差もあるからむこうの勤務時間外になったのか数時間連絡来なかったりして

 

らちあかないし、空港着いた次の日に同じ便があるから

 

航空券会社が手配してくれないならもう自分でその飛行機に乗るしかない

 

と思い連絡はないけど空港にまた向かいますf:id:nbdj70mi:20191226235141j:image

フロリダ空港に着いた時には不安しかなくて路頭に迷ってたけど

 

会社から全くサポート受けれてないけど

 

最悪パリには行けるから少し気持ちは楽になりました。

 

とにかく次のステップへ行きたいのです!!

 

昨日いた空港へ着きました
f:id:nbdj70mi:20191226235252j:image


f:id:nbdj70mi:20191226235112j:image

こちらがNorwegian Airlineです

 

飛行機にのれる!嬉しい

 

ここに至るまで2日…長かった…

 

結局チケットとかとった後に航空券会社から連絡きて

 

「大丈夫でした?」的な連絡きたけど

 

大丈夫なわけあるかよまじでクソかよ(あっ下品な言葉失礼汗)

 

って思った笑

 

まぁ電話できなかった私も悪いんですけどね。

 

 

とにかく不安でしょうがなかった!

 

やっと航空券を手にして、
f:id:nbdj70mi:20191226235149j:image

出発まで待ちます。23時の飛行機だからね。

 

今度こそアメリカ最後!
f:id:nbdj70mi:20191226235057j:image

残ったドルでご飯やらクリスピークリームドーナツやら買います(嬉)


f:id:nbdj70mi:20191226235205j:image

そしてこちらがNorwegian Airline

 

やっとのれるーやっとパリに行けるー泣
f:id:nbdj70mi:20191226235130j:image

乗り込みまして
f:id:nbdj70mi:20191226235334j:image 

パリへ出発です

 

めちゃ長くなったので終わります!

 

2ヶ月も空いてしまってそして長々と書きまして本当にごめんなさい!

 

 

今度いつかこの経験も含めて海外航空券事情やらを書こうかなとは思ってます!

 

 

みんなぁ!トイレットペーパー買い占めるなよっ!

 

それでは!

Choro.

こっ、こちらヒューストン!

こっ、こんにちは、ちょろみです(汗)

 

また更新が滞る…

10月から仕事を始めたのでなかなかブログがね…

 

言い訳ね

 

時間はあるんだけどなかなかね!笑

 

やる気の問題です

 

と、いうことでヒューストン後編!

 

私も記憶がうすれております

 

前回ヒューストンのジョンソンスペースセンターに行きました

 


f:id:nbdj70mi:20191108121331j:image

このまえのブログでものせましたけど、バスを降りたところにこんなものがあります

 


f:id:nbdj70mi:20191030223006j:image

これはなんと実物のスペースシャトルとそれを運ぶ輸送機です!

 

初めてみた時、私はこの姿に衝撃を受けました

 

 

飛行機とロケット好きの私にはたまらないコンビネーション

 

しかしなぜに飛行機の上にスペースシャトルを載せないといけないのかと。

 

 

解説に入ります

 

これまでのロケットの中で1番大きいものはアポロ計画の時に使用された

 

サターンロケット

 

これは各パーツを運んでケネディスペースセンターで組み立ててたんですね

 

 

それでもパーツが大きいから水路も使います

 

しかしスペースシャトルは再利用をするため、着陸したスペースシャトルを解体せずに

 

スペースセンターまで運ばないといけません

 

陸路や水路で運ぶには大きすぎる。

 

そしてもう一つ問題が。

 

スペースシャトルを開発する上で

 

今までのロケットと1番違う大きな課題は

 

大気圏を突入したあと、ちゃんと着陸させること

 

ものすごいスピードでクソ重たいスペースシャトルをいかに飛行機のように着陸させるのか

 

スペースシャトルには飛行機のように自分で離陸する機能はないので

 

 

そうだ!一回空の上から落として飛行確認してみよーぜ!

 

えっでもどうやって空から落とす?結構重たいし

 

そうだ!飛行機の上に乗っけて落としてみればいいんじゃね?

 

そしたら運ぶのも、着陸の練習もできるじゃんっ

 

まぁそんな軽いノリではないですがこんな感じで

 

飛行機の上に載せちゃったわけですね

f:id:nbdj70mi:20191110125920j:image

スペースシャトルが重たいから燃費激悪だそうです

 

意外とスペースシャトルの固定は3点だけ!
f:id:nbdj70mi:20191108121453j:image

 

では早速スペースシャトルと輸送機を真近でみてみます


f:id:nbdj70mi:20191108121426j:image

下から見るとこんな感じ。エンジンがごつい!

 

当たり前だけど大きいよね


f:id:nbdj70mi:20191030222647j:image

輸送機のタイヤ

 

意外と普通の飛行機と変わらないような…


f:id:nbdj70mi:20191030222857j:image

わかりにくいけどスペースシャトルのお腹の部分

 

私ここ好きなんよね笑

 


f:id:nbdj70mi:20191108121439j:image

こちらがスペースシャトルの先端

 

この穴はね、方向転換用の噴射口

 

他の宇宙船もそうだけど、無重力で風のない宇宙空間ではロケットのような噴射か

 

内部から風を噴射させてその反動で推進力を得る必要があります

 

空気抵抗や重力がない分、ちょっとの噴射で方向が変わり永遠に進むので

 

気をつけないと宇宙の彼方へすっ飛びます

 

今度操縦することになった時は気をつけてくださいねっ

 

 

話は戻してこちら上からの光景
f:id:nbdj70mi:20191031003259j:image

完全に載ってる

 

ていうかこの大きさを載せて空を飛べるのか!

 

飛行機もすごいな!

 

そしていよいよシャトルの内部に潜入です!

 

ちょっとわかりにくいのでスペースシャトル内部の全体像を↓

f:id:nbdj70mi:20191109225619j:image

わかりやすいのか、わかりにくいのかってところですけど

 

前方がキャビン(乗員区画)、真ん中が貨物室、後ろがメインエンジンになります

 

 

キャビンはこんな感じ

f:id:nbdj70mi:20191109225053j:image

上からフライトデッキ、ミッドデッキ、ローワーデッキにわかれます

 

 

フライトデッキは操縦席があるところです

 

発射や着陸時はみんなここに座ります

 

他には地球との交信や観測、いろいろな操作をここで行います

 

そして内部はこんな感じだったよ
f:id:nbdj70mi:20191030232103j:image

 

たぶん本当はこの座席の後ろに人数分の座席があると思う

 

ここに6.7人が座った状態で宇宙へ行きます


f:id:nbdj70mi:20191108121415j:image

コクピットはこんな感じ!すごいよね


f:id:nbdj70mi:20191108121512j:image
f:id:nbdj70mi:20191031003305j:image

ボタンありすぎて何がなんなのって感じね!

 

 

 

次にミッドデッキはクルーが生活する区域です

 

トイレや食事、寝る場所もここです。


f:id:nbdj70mi:20191031003321j:image

収納棚がこんな感じ


f:id:nbdj70mi:20191108121443j:image

寝るときはこうやってくくりつけられた寝袋に入って寝るよ


f:id:nbdj70mi:20191030222617j:image

トイレ


f:id:nbdj70mi:20191030222954j:image

船外に出るときは宇宙服に着替えます

 

 

ここには貨物室への出入り口もあります

 

 

 

こちらスペースシャトルの胴体部分、貨物室

f:id:nbdj70mi:20191030222559j:image

人が下にたってるのがわかるかな?けっこう広いよね!

 

ここの天井がぱかーと開いて作業をします

f:id:nbdj70mi:20191108121423j:image

実際はこんな感じでISSを組み立てたり作業をするようです

 

 

 

そして次に輸送機の中にいきます

 

輸送機の中は展示コーナーになっています


f:id:nbdj70mi:20191030222655j:image

船内はこんなに広い

 

スペースシャトルを載せる分、重量を減らすために座席はありません
f:id:nbdj70mi:20191030222909j:image

スペースシャトル計画についての展示がたくさん
f:id:nbdj70mi:20191030223010j:image

 


f:id:nbdj70mi:20191108121505j:image

スペースシャトルは何回地球と宇宙を往復したよーとか

 

スペースシャトルに関することがたくさん紹介されていたよ
f:id:nbdj70mi:20191030222538j:image

 内部見学を終わらせまたスペースセンターに戻ります

 

 

中にはちょこっとした体験型の展示もあります

 

これは確か映像とともに帰還する時の振動を体験できるやつ

 

背中側から突入するので結構な振動がきます

 

 

こちら月に関する展示があります
f:id:nbdj70mi:20191030223934j:image

月にも見つけた人の名前とか地名が付けられています 

 

 

月の裏側
f:id:nbdj70mi:20191030222511j:image

裏側つまり地球からすると外側はクレーターだらけですね

 

 

f:id:nbdj70mi:20191030223948j:image

月に行った時計です


f:id:nbdj70mi:20191030223013j:image

宇宙服です


f:id:nbdj70mi:20191030222643j:image

ISSからの映像が流れています
f:id:nbdj70mi:20191030223028j:image

シアターでISSでのドキュメンタリーを観ました


f:id:nbdj70mi:20191030223035j:image

ジョン・F・ケネディ大統領がアポロ計画を発表した時のパネルが置かれています



そしてツアーに参加します

 

f:id:nbdj70mi:20191030222502j:image

 

ジョンソンスペースセンターのツアーも2つあって

 

管制室を見学できるツアーと

 

訓練施設をみれるツアーに分かれているよ

 

ケネディスペースセンターと同じくツアーの最後には

 

アポロ計画のロケットを見るコースとなっております

 

通常は1日中あってるツアーが今日は午後からしかないようでかなり混雑

 

こんなことなら昨日1つ行っとけばよかったと思ったけどなんとかなるやろ!

 

開始前に並んでてもこんな感じよーf:id:nbdj70mi:20191030222620j:image


f:id:nbdj70mi:20191030224009j:image

NASAのマークかっこいいよねぇ


f:id:nbdj70mi:20191030222630j:image

しばらく並んでやっとツアーに参加できそうです

 

今回はバスじゃなくてこんなやつ!
f:id:nbdj70mi:20191108121408j:image

続々と出発してるけど結構かかりました


f:id:nbdj70mi:20191108121508j:image

まだまだうしろには沢山並んでいます


f:id:nbdj70mi:20191030222605j:image

ツアーに出発!途中の川にワニがいたよ!

 

見えるかな?


f:id:nbdj70mi:20191030223002j:image

サターンロケットが収納されているところを通り過ぎて

 

ここがジョンソンスペースセンターの管制棟になります
f:id:nbdj70mi:20191108121355j:image

ツアーに参加しないと内部には入れません



これは初期の管制室のデスク 。画面に月に宇宙飛行士が立ってる映像が写っていますね
f:id:nbdj70mi:20191031003325j:image

 

映画「アポロ13」に出てくる管制室もこんな感じだったね!

 

アポロ計画は50年以上も前の話です。

 

アポロ計画で使用されたコンピュータはなんとファミコン2台分の性能しかなかったとネットのどこかに書いていました

 

今では考えられないくらいの技術レベルで宇宙に行っていたそうです

 

そう考えると昔の人はすごいよなぁ
f:id:nbdj70mi:20191030223938j:image 

こちらが中期のもの。スペースシャトルの時代ですね

 

私たちの世代でもちょっと馴染みのあるコンピュータがあります


f:id:nbdj70mi:20191108121358j:image

そして奥が現代のモニターです

 

どんどんモニターが薄くシンプルになっています

 

さて、いよいよ実際の管制室へ!
f:id:nbdj70mi:20191030223020j:image

 

じゃーーん!!!

f:id:nbdj70mi:20191030222550j:image

か、かっこぇぇ!!!

 

写真も撮っていいんだと!お言葉に甘えて撮りまくりますっ
f:id:nbdj70mi:20191108121345j:image


f:id:nbdj70mi:20191030224014j:image

す、すごいよね!何がなんだかわからないけどすごい!


f:id:nbdj70mi:20191031003309j:image

ちなみにここは主に火星計画の実験や試験打ち上げなどに使われているようです

 

たぶん実際の発射とかをしている管制室はまた別にあるようです

 

しばらく見学して、ロケットの展示コーナーへ
f:id:nbdj70mi:20191031003317j:image



f:id:nbdj70mi:20191030223920j:image

ロケットのエンジンも間近でみると大きい

 


f:id:nbdj70mi:20191108121404j:image

こんなんで吹き飛ばされたら一貫の終わりですね


f:id:nbdj70mi:20191108121325j:image

そしておなじみのサターンロケット!
f:id:nbdj70mi:20191030222949j:image

また?ってなるけど私は何回見てもたまらん

 

今回は近い位置で見れるからまたいい

 

何回も説明してるけど先端の茶色いところ(司令船)に人が乗るのね

 


f:id:nbdj70mi:20191030223952j:image

別アングル

 

こうやってみると司令船も大きいよねf:id:nbdj70mi:20191030222520j:image

←支援船   司令船→

これがロケット全体をみると超ちっちゃく見える


f:id:nbdj70mi:20191031003329j:image

←支援船(小さめの燃料タンク搭載)

 燃料タンク(中)→


f:id:nbdj70mi:20191030222634j:image

燃料タンク(中)

 
f:id:nbdj70mi:20191108121502j:image

←燃料タンク(中)    燃料タンク(大)→

燃料タンク(大)
f:id:nbdj70mi:20191030222640j:image

☆USA☆


f:id:nbdj70mi:20191030223931j:image

一番大きいロケットエンジン

 

てな感じで
f:id:nbdj70mi:20191030222625j:image

戻ってきたところでもう一つのツアーに行きたいけど

 

60分待ち、閉園までに間に合うかなぁ



f:id:nbdj70mi:20191030223507j:image

なんとか間に合ってツアーに参加することができました!

 

 

今度は訓練施設を見ます
f:id:nbdj70mi:20191030222612j:image

ここが訓練施設になります
f:id:nbdj70mi:20191030222608j:image

はい!こんな感じ

 

ここも上から見れて写真も撮れるよ!
f:id:nbdj70mi:20191030224000j:image

またここもかっこいいなぁ

 

宇宙空間で使われている人工衛星などの設備と同じ造りのものが

 

いろいろ置いてあります


f:id:nbdj70mi:20191108121350j:image

f:id:nbdj70mi:20191110234038j:imageまぁ何がなんの設備かわからないけどすごい



f:id:nbdj70mi:20191110234054j:image


f:id:nbdj70mi:20191030222853j:image

司令船がありますね!

 

実際にこの中とかに入って操作してみたりシミュレーションするみたいです!

 



できる限り宇宙空間に近い状況を作って

f:id:nbdj70mi:20191110234050j:image

f:id:nbdj70mi:20191110234046j:image

宇宙にいる時と同じように訓練をするみたいです
f:id:nbdj70mi:20191030223927j:image

宇宙飛行士ロボット!

 

 

行ってみて「宇宙だとちょっと違ったんでできませんでした」じゃ大変だからね




f:id:nbdj70mi:20191030223017j:image

これは緊急脱出システム

 

打ち上げの際の緊急時にはこうやって脱出して地球に戻るそうです


ということでツアーから戻ってきて

 

お土産コーナー
f:id:nbdj70mi:20191030232109j:image

お土産もたくさん売ってるよ

 

NASAグッズとかたくさん欲しいけど

 

お土産は買っても使わなくなることが多いから買わないことにしています


f:id:nbdj70mi:20191030224017j:image

これとか地味に欲しい笑


f:id:nbdj70mi:20191108121341j:image

これもかっこいい笑


f:id:nbdj70mi:20191108121430j:image

これとか子どもいたらほしくなる笑


f:id:nbdj70mi:20191030223039j:image

ということでなんか尻つぼみな紹介になってしまったけど

 

ジョンソンスペースセンターでの観光終わり!

 

ヒューストン市街に帰ってきました

 

スーパーに寄ります

f:id:nbdj70mi:20191030222846j:image

ここのスーパーはなかなかお手頃な値段でいろいろ売ってるから好き

f:id:nbdj70mi:20191030222542j:image


f:id:nbdj70mi:20191030222900j:image

まぁ夜ご飯は辛ラーメンだけどなっ!

 

 

 

そして翌日、ヒューストン最終日です

 

朝ごはん
f:id:nbdj70mi:20191030223943j:image

 

ランニングも兼ねて

 

ヒューストンの大きめの公園、メモリアルパークに行ってみます
f:id:nbdj70mi:20191030222652j:image

 

公園内を走っている列車みたいなのにのりました
f:id:nbdj70mi:20191030223955j:image


f:id:nbdj70mi:20191030223023j:image

なんやろ、かなり小規模の遊園地みたい笑



f:id:nbdj70mi:20191030223924j:image

このモニュメントがワシントンにあったやつと似ているな!

 

f:id:nbdj70mi:20191030232059j:image

ちなみに水はワシントンよりきれいです笑

 


f:id:nbdj70mi:20191108121412j:image

結構広い公園で日本庭園もあったよー!
f:id:nbdj70mi:20191108121336j:image

はぁぁなんか懐かしい、日本を感じれるのが嬉しい〜
f:id:nbdj70mi:20191030223043j:image

やっぱり落ち着くよね、日本人だなと実感しながらのんびりしました!


f:id:nbdj70mi:20191108121458j:image

結婚式の写真撮影的なのも何組かやってたよ!

 


f:id:nbdj70mi:20191030222905j:image

ランニングできそうなところがあったからここをしばらく走って
f:id:nbdj70mi:20191030222850j:image

帰ります

 

ゴルフコースもあったし、丘みたいなところでみんな日光浴してたり

 

かなりのんびりして楽しそうな公園だったよ

 


f:id:nbdj70mi:20191030223032j:image

帰り道ぶぃぃぃぃぃぃん!!!って音するなと思ったらめっちゃ枯葉掃除してた

 

この機械画期的だよねー

 


f:id:nbdj70mi:20191030222535j:image

野生リス!

 

 

はい、まじでまとまらないけどヒューストン編終了です。

 

ここでアメリカはおしまいですー

 

いやーーNASA めぐりめちゃめちゃ楽しかった!!

 

ヒューストンもいいけど

 

ケネディスペースセンターは近くに他のアミューズメント施設もあるので

 

フロリダに行った際はおススメです!!

 

ということで次はアメリカをでまして次の目的地へ向かいます!

 

Choro.

 

 

こちらヒューストン

ごぉぉぉぉぉぉぉぉめんなさい!!!

 

2ヶ月放置!!

 

まじですんません!もう読者はおらんのとちゃいますか?

 

本当ごめんなさいね、私ってこういう人なの…

 

でも書きます!よかったら読んでってください!

 

2ヶ月前に遡ると、NASAに行ってたね!

 

オーランドを後にし、次の目的地へ出発!

 

朝日が眩しい

f:id:nbdj70mi:20190814041755j:image

バス停へ向かいます

 

ローカルバスを乗り換えて空港へ向かいます

f:id:nbdj70mi:20190814041547j:image

基本的に乗り換え情報などはGoogle mapで調べて行くので

 

例えばローカルのルールとかあるやん?

 

祝日運行してないやつとか、軽油が違うとか。

 

そういうのがいつもちょっと心配なんだよね

 

乗り換え場所です

f:id:nbdj70mi:20190814041624j:image

Google map的には正しいバス停で降りれて、次の乗り換えバスのバス停についたんだけど

 

不安的中でバスがこない

 

予定していたバスの時刻はとっくにすぎてるのに来ない

 

次のバスの時間でも一応飛行機には間に合うから待ってみます

 

昔ね、世にも不思議な物語で

 

「バスがこない」っていうショートドラマがあったんやけど

 

内容は覚えてないけど

 

バスがこない時たまにこのタイトルを思い出すっていう笑

 

そしてさすがに不安になって来て、違うバスが止まったから

 

私の乗りたいバスが来るか聞いたら後でくるって言ってたから待ってたら来たよ

 

こういうのがね〜バスは苦手です。

 

そして無事オーランド国際空港に到着!
f:id:nbdj70mi:20190813215128j:image

 

さすがテーマパークの都市なだけあって
f:id:nbdj70mi:20190813215223j:image

ディズニーやら

f:id:nbdj70mi:20190814041720j:image

ディズニーやら賑わってます

 

f:id:nbdj70mi:20190814041551j:image

あーー! NASA!これみただけでもう一回行きたくなる!

 


f:id:nbdj70mi:20190814041809j:image

搭乗ゲートまでがなんか近未来感


f:id:nbdj70mi:20190814042010j:image

今回はLCCのSpirit Airlineに乗ります

 

 

そして到着したのはHouston!
f:id:nbdj70mi:20190814041945j:image

 

ちょろケースと再会です
f:id:nbdj70mi:20190814041528j:image

 

そしてまたバスでホテルまで移動します

 

またバスかぁ笑

f:id:nbdj70mi:20190814041616j:image

また空港でのバス乗り場がわかりにくくて少しウロウロ

 

乗り換えはわかりやすかったからスムーズに行きました

f:id:nbdj70mi:20190813215147j:image

 

そして着きましたのがこちらのホステルになります
f:id:nbdj70mi:20190814041804j:image

 

荷物を置いて近くにあるスーパーへ
f:id:nbdj70mi:20190813215143j:image

私は新しいところに移動したらまずスーパーに行きます

 

知らないところとかだと物価とか見るのにも参考になるし

 

何よりまぁ滞在先での食料確保のためです

 

なかなか広くて(ぼやけてますね)
f:id:nbdj70mi:20190814041838j:image

品揃えも豊富です

 


f:id:nbdj70mi:20190814042024j:image

カップケーキと言っていいのか迷うくらいどぎつい色のカップケーキ

 


f:id:nbdj70mi:20190814041510j:image

そしてあったよ辛ラーメン

 

辛ラーメンは結構高確率であるよ!助かるぅ

 

そして手作りお菓子コーナー
f:id:nbdj70mi:20190814041929j:image

量がね笑

 

1人用はないよね笑


f:id:nbdj70mi:20190814041636j:image

ルフレジが楽チン!そしてここは結構安かったよ

 

そして私が買って来たものはこちら

f:id:nbdj70mi:20190813215250j:image

ジャーン!

 

はいいつも通り笑

 

だいたいね、1日か2日しか泊まらないところだと使い切らないからあんまり買わないんだけど

 

3日以上だと牛乳とかバナナとか卵はマストですね!


f:id:nbdj70mi:20190814041743j:image

そしてホステルの冷蔵庫がこんな感じであるので名前を書いて冷蔵庫に入れます

 

キッチンはこんな感じ

f:id:nbdj70mi:20190814041611j:image

キッチンがあるホステルとないホステルとあるので

 

私はキッチンがあるホステルを選んで簡単なものを作って食べます

f:id:nbdj70mi:20190814041513j:image

こちらがお部屋です

 

ベッドとロッカーが1人1個ね

 

 

f:id:nbdj70mi:20190814041650j:image

それではお得意の辛ラーメンクッキング

 

 

f:id:nbdj70mi:20190813215210j:image

辛ラーメンは辛いから卵2個いれるの

 

見た目悪いけどいつも出来上がりはこんな風にしかならない!でも美味しいのだ!

 

翌日朝食を食べて朝から出かけます

f:id:nbdj70mi:20190814041748j:image

シリアルとかトーストが食べれるよ

 

朝食付きのホステルだと嬉しいよね

 

f:id:nbdj70mi:20190814041740j:image

早速奇抜な車発見

 

あっちなみにブレてる写真の時はたいがいビビりながら写真撮ってる時ね

 

「何撮ってんの!」って言われたら怖いから

 

そしてガソリンスタンドにあるスーパーに到着
f:id:nbdj70mi:20190814041603j:image

 

ここでバスのパスカードが買えるということでバスに乗る前に立ち寄りました

f:id:nbdj70mi:20190813215158j:image

 

そしてGoogle mapをたよりにバス停へ

f:id:nbdj70mi:20190814041558j:image

こういうシンプルな路線だと助かる

 

そしてバス停がわかりやすい!

 

きたきた

f:id:nbdj70mi:20190814041554j:image

そして乗り継ぎます

f:id:nbdj70mi:20190813215438j:image

 

きたきた!

f:id:nbdj70mi:20190814041917j:image

このバスは1時間に1本なので逃すわけにはいかんのだ!

 

 

f:id:nbdj70mi:20190814041658j:image

ちなみに購入したパスがこちら

 

1DAY PASSです

 

しかもこれさ、3ドルなんよね笑

 

バスが1回乗るのに1.25ドルなのね

 

安くない?笑

 

バスで1時間ほど揺られ到着したのがここ
f:id:nbdj70mi:20190814041607j:image

NASAーーー!笑

f:id:nbdj70mi:20190814041958j:image

またかよ!ってね。

 

でもヒューストンといえばNASAじゃない?

 

まぁNASAに行きたくてヒューストンにきたわけだけど笑

 

オーランドケネディスペースセンターがロケットの組み立てや発射をする施設なのに対し

 

ヒューストンジョンソンスペースセンターは管制塔の役割をしています

 

よくNASA関係の映画で「こちらヒューストン」って言ってるのは

 

ケネディスペースセンターへ発射までの指示や、宇宙への交信をヒューストンから発信しているからです

 

ということで今回はまたちょっと違った視点でNASAについて知ることができましたのでレポートします

 

宇宙にもう飽きたよという人は斜め読みでオッケーです

 

(↑読まないでいいとは言ってない)

 

(↑うそうそ!読まなくていいので宇宙編終わるまでお待ちください!)

 

 

 

f:id:nbdj70mi:20190814041532j:image

こちらがジョンソンスペースセンターの入り口になります

 

さっき出迎えてくれたスペースシャトルには触れませんでしたが

 

それはまた後ほど!

 

入り口には開園時間より早くから列ができています

 

中に入るとこんな感じ!

f:id:nbdj70mi:20190813215207j:image


f:id:nbdj70mi:20190814041710j:image

こちらは探査機が吊られています

 

ヒューストンでは国際宇宙ステーションについていろいろ展示があったよ

 

ということでここ最近恒例のお勉強タイム

 

今回は国際宇宙ステーションについてです

 

国際宇宙ステーションは通称「ISS」と言われています

 

今まで何回も出てきたけど詳しく書いてなかったのでここで。

 

人工衛星は各国から飛ばされてたくさん地球の周りを回っていますが

 

ISSはちょっと違って宇宙にある有人実験施設です。

 

地球の400km上空を1周90分というものすごいスピードで回っています

 

 

大きさはサッカーコート1面分とかなり大きいので夜間には肉眼で観察できます

 

星みたいに見えるけどふぃ〜って動いてるやつね

 

長年スペースシャトルやロケットを打ち上げながらこの大きなISSを組み立ててたわけですね

 

ISSの役割としては宇宙での実験や研究、地球や天体の観測などを行います

 

たまに宇宙飛行士がISSに行っていろんな実験をしてる映像とか

 

日本人の宇宙飛行士も宇宙に行ったとか言いますけど

 

あれはISSに行ってるんですね。研究をやってるんですね。

 

ISSには6人の宇宙飛行士が滞在できます

 

そんなんニュースで見たことあるし知ってるよーって思うかもしれませんが

 

私は知りませんでした(宇宙大好きなのに)

 

ていうか気にしたこともなかった

 

ISSが計画されるまで

 

どの国が早く宇宙に行けるか、月に到達できるかを競っていました

 

有名なロシアとアメリカの戦いですね

 

ちなみに初めて宇宙に行ったのはロシアのガガーリン

 

地球は青かったの人ね

 

そして初めて月に到達したのはこれまた有名な

 

アポロ11号ね。アームストロング船長ね

 

当たり前すぎるけど私は聞いたことあったけど改めて「ふーん」って思ったので

 

自己満足で当たり前のことも書かせてもらいます

 

 

話を戻して、まぁ以前は国で競っていたわけですが

 

このISSに関しては、地球の観測や宇宙開発のために

 

みんなで協力しようということで

 

NASAが中心ではあるけどいろんな国が参加して協力しています

 

 

 

 ちなみにISSってあんまり自分には関係ないと思ってしまうところだけど

 

結構お世話になってたりします。遠い話だと研究とかになるけど

 

気象衛星ISSの重要な役割です

 

例えば台風とかハリケーンの観察とかもやってるし

 

地球をパトロールしてくれているわけです

 

90分で1周するからめっちゃ見られてるからね

 

 

今お母さんか兄弟の買ってきたプリンをこっそり食べようとしているそこのあなたも

 

 

見られてるからね

 

 

まぁそれは冗談でして、宇宙センターにもどりますと
f:id:nbdj70mi:20190813215434j:image

ジョンソン宇宙センターにもシアターがあります

 

 

ISSでの様子やISSから撮影された映像をもとに

 

ISSの紹介をしてくれます
f:id:nbdj70mi:20190814041822j:image

 

シアター中に写真撮っていいのかわからんかったのでネットから拝借

 

これがISSからの映像

f:id:nbdj70mi:20190927141117j:image

 

f:id:nbdj70mi:20190927141444j:image

すーーーーーーーーーてきよね!!!

 

まじキレイ!!!

 

そして前から思ってたけど宇宙の写真ってキレイやなと思ったら

 

大気とか塵とかがないけんよね

 

そして夜はこんな感じ

f:id:nbdj70mi:20190927140147j:image

イタリアの形がくっきり

 

なんて幻想的な映像なのかしらと思っていたら

 

朝鮮半島がこちら

f:id:nbdj70mi:20190927141344j:image

韓国はキラキラしてるのに北朝鮮は首都以外真っ暗です。

 

他にもジャングルの緑が減ってきている映像なども紹介されて

 

きれいだねー!だけでは済まされない画像もあって

 

なんだか考えさせられました。

 

f:id:nbdj70mi:20190814041813j:image

そしてホールの真ん中にはシアター以外にもたくさんの展示があります

 

宇宙に関するものだけではなく
f:id:nbdj70mi:20190814041502j:image

地球で起こる自然現象についての展示もあって

 

子どもたちは楽しみながら学べそうなところ!
f:id:nbdj70mi:20190814041848j:image

こちらは太陽系にある惑星についての解説


f:id:nbdj70mi:20190813215202j:image

これは地球に落ちてきた最大の隕石らしい

 

天井にはISSがあるよ!かっこいー!
f:id:nbdj70mi:20190813215139j:image


f:id:nbdj70mi:20190814041628j:image

こちらはISSにバーコードみたいについてるパネルなんだけど

 

これはソーラーパネルだよ


f:id:nbdj70mi:20190813215214j:image

これはロケットの先端ね!真ん中が司令船


f:id:nbdj70mi:20190814041714j:image

スペースシャトルの模型になります

 

宇宙食がいろいろ展示されているよ!
f:id:nbdj70mi:20190814041725j:image
f:id:nbdj70mi:20190814041701j:image

↑海藻スープと鮭おにぎりの宇宙食もあるよ!すごいね!


f:id:nbdj70mi:20190813215154j:image

こちらは宇宙ロボットで、宇宙飛行士の代わりに作業をするために開発されてるんだって

 


f:id:nbdj70mi:20190814041705j:image

展示コーナーにもディスプレイがあって

 

ISSから撮影された映像が流れています

 

めちゃめちゃ綺麗でずっと見てられます
f:id:nbdj70mi:20190813215234j:image

こちらは宇宙空間で何かが衝突した後です

 

小さな破片が当たってもかなりの衝撃を受けているのがわかります

 

そう考えるとやっぱり宇宙って怖いところ


f:id:nbdj70mi:20190813215217j:image

無重力空間でシャワーとか睡眠とかどうやってるか解説してくれるショーがあっていました

 

フードコートも宇宙っぽい!
f:id:nbdj70mi:20190814042028j:image

私はスーパーで買ってたドーナツを食べるよ(貧乏か)
f:id:nbdj70mi:20190813215135j:image

 

また別の展示コーナーにきてみました

 

お気付きの方も多いと思いますが

 

ケネディスペースセンター編で私がしつこく語っていた

 

月に行ったロケットについてはほとんど展示がなく

 

スペースシャトルISSについての展示が多いです
f:id:nbdj70mi:20190814041830j:image

スペースシャトルの模型


f:id:nbdj70mi:20190814041818j:image

宇宙空間でこんな感じで作業をします


さっき展示にあったように、超高速で破片が飛んでくることもあるから

 

宇宙空間での作業も危険があります


f:id:nbdj70mi:20190814041506j:image

実際のISSの中はこんな風になっているそうです


f:id:nbdj70mi:20190814042016j:image

ご飯食べたり、シャワー浴びているところ

 

無重力だと何かと大変よね

f:id:nbdj70mi:20190814042006j:image

こちらよく登場する司令船です



f:id:nbdj70mi:20190814041523j:image

これが当初の管制室にあったデスク

 


f:id:nbdj70mi:20190813215245j:image

月の土ですね!本物なのかな?

 


f:id:nbdj70mi:20190814042041j:image

月から持って帰ってきた石や鉱物を調べるところです。


f:id:nbdj70mi:20190814041936j:image

はいでた「実際に触れる月の石」もとい「手垢べったりの月の石」


f:id:nbdj70mi:20190814041459j:image

月面をこれで移動します。向こうに見えるのは地球かな?


f:id:nbdj70mi:20190814041730j:image

宇宙飛行士の様子も模型で再現されています


f:id:nbdj70mi:20190814041951j:image

こちらが実際に帰還した司令船


f:id:nbdj70mi:20190814041544j:image

毎回思うけど狭いよね〜


f:id:nbdj70mi:20190814041826j:image

ここに横になって座るのね。隣の椅子に宇宙飛行士が見えると思うけど

 

こんなに狭い。これで地球に帰ってこないといけないんだよ〜


f:id:nbdj70mi:20190814041800j:image

これがアポロ計画より前の司令船。

 

確か1人か2人しか乗れないのよ。ちょっと小さめです


f:id:nbdj70mi:20190814041751j:image

同じくアポロ計画より前の司令船

 

この表面の焼けてる感じがリアルですよね


f:id:nbdj70mi:20190814041857j:image

司令船の中。三角のところは窓だよ


f:id:nbdj70mi:20190814041540j:image

ということでISSやらの展示ブースを後にしまして


f:id:nbdj70mi:20190814041518j:image

火星ブースへ行きます


f:id:nbdj70mi:20190814041941j:image

こちらが火星用の司令船。スマートな感じでかなり今時感あるよね!


f:id:nbdj70mi:20190814042032j:image

こちらが探査機。これもまたハイテクになったなー


f:id:nbdj70mi:20190814041733j:image

こちらは火星の石です。

 


f:id:nbdj70mi:20190814041844j:image

SLSっていうのが火星ミッションに利用検討中のロケット(一番右)で

 

大きさが比較されています

 

大きいよね!でも正直わかりにくいよね笑

 

 

火星ブースは相変わらずさらっと通過し、シアターにきました。

 

ここでも1日に何本かのショートムービーが流れますので

 

時間になったらここにきて見てたんですけど
f:id:nbdj70mi:20190814042050j:image

今回誰もいない笑

 

他のやつは宇宙飛行士のドキュメンタリーとかもあって結構みんな見にきてたんだけど


f:id:nbdj70mi:20190814042036j:image

今回は超アニメで子ども向けだったから誰もいなかった笑

 

でも楽しかったし子ども向けなだけあってわかりやすかった!


f:id:nbdj70mi:20190814042046j:image

こちらが今までにNASAから宇宙へ旅立った宇宙飛行士の写真がズラリ


f:id:nbdj70mi:20190814041851j:image

野口さんもいました


f:id:nbdj70mi:20190814042002j:image

こちら毛利さん

 

当時ニュースで話題になっててものの、こうやってみると

 

本当にかっこよくて誇らしいですね


f:id:nbdj70mi:20190814041833j:image

こちらがアポロ13号の宇宙飛行士です。

 

あのサバイバルから見事生還した人達です。

 


f:id:nbdj70mi:20190814041655j:image

アポロ11号 初めて月面着陸に成功した人達です


f:id:nbdj70mi:20190814041644j:image

アポロ計画の前段階として有人飛行を何度か行っていた頃の写真

 

この頃はまだ宇宙飛行士が2人です。

 

そして記念すべき写真がこれでよかったのか少し疑問(余計なお世話)

 


f:id:nbdj70mi:20190813215230j:image

ということでジョンソンスペースセンター1日目終了です!

 

この絵かっこいいなーとか思ってたら誰やねんベンチで寝てるのは

 


f:id:nbdj70mi:20190814041955j:image

バスに乗って帰ります。
f:id:nbdj70mi:20190814041932j:image

また明日もきます笑

 

やっぱり1日では回りきれないね!

 

ヒューストンのトラムです
f:id:nbdj70mi:20190814041620j:image

ということで締まりのない終わり方ですけど終わります!!

 

次は早く書きます(多分)

 

ちなみにこれを見てくれている方に一応伝えておきますけど

 

これまだちょろみの海外生活の半分くらいしか書けてないので

 

まだまだアップする予定にはしてますので

 

最近更新ないなーとか思った時も、思い出した時に

 

たまに覗いてくれると嬉しいです

 

じゃあちゃんと書けよと言われそうですが

 

頑張りまぁす(弱気)

 

本当ごめんなさいね。

 

 

Choro. 

 

オーランド(NASA続編の続編)

こんにちはちょろみです

 

実はもう日本に帰国しました!ただいま!

 

今書いているのは4ヶ月前の話になりますトホホ

 

帰国してからのこととかは後で書くとして、とりあえず海外のことを書き終わりたいと思います

 

(たぶんきっと数ヶ月かかる笑)

 

 

さてさて、オーランド3日目になります

 

2日目はずっと寝てました笑

 

こんな日も旅を続けるなら必要かと思い

 

私が生まれた時から得意とする

 

秘儀「1日中何もしない」

 

を大人の階段を1つ登った次の日にもかかわらず発動させてみました

 

 

そしてここがオーランドで滞在中のお宅です

f:id:nbdj70mi:20190709051047j:image

前も言ったけどホテルじゃなくて家の一間がゲストルームになってるタイプね

 


f:id:nbdj70mi:20190709051327j:image

こんな感じのベッドがありまして

 

お部屋にシャワー、トイレ、テレビ、冷蔵庫も付いております

 

これは私も初体験です

f:id:nbdj70mi:20190709051324j:image

スーパーで買った食料

 

食料って言うほどでもないけど笑

 

 

旅してると食費にお金かけたくないから

 

 

牛乳とかバナナで全て補おうとしている浅はかな考えです

 

あっもちろんラーメン with 卵も食べてるよ!笑

 

 

えっ?野菜ってなんですか?

 

っていうくらい野菜食べてません

 

意外となんとかなってます!

 

私はこの旅行中何度も辛ラーメンを食べました

 

あれ美味しい!そしてだいたいスーパーに売ってる!

 

あの辛さが質素な食生活に刺激を与えてくれます

 

ということで今日もバスツアーを利用してケネディスペースセンターにきたよ
f:id:nbdj70mi:20190709050945j:image

これロケット発射時に使うカウントダウンの時計ね

 

これは展示だけど

 

今日は1日目に見きれなかった行ってないエリアを見ます
f:id:nbdj70mi:20190709051116j:image

ここは火星探査のコーナーで

 

今後火星探査計画に使う予定のものを展示してあります
f:id:nbdj70mi:20190709051039j:image

NASAはこれまで

 

宇宙へロケットを飛ばす、月面探査、スペースシャトルの開発、人工衛星の完成と運用

 

などさまざまなミッションを行ってきたわけですが

 

これからのターゲットは火星です

 

火星推しです

 

月面探査機よりもかなりハイテク感

 

2.5トンくらいだそう

 

こんなのを宇宙にとばそうとしてるからすごいよね

 


f:id:nbdj70mi:20190709051225j:image

こちらは火星探査計画についての展示が沢山あります
f:id:nbdj70mi:20190709050936j:image

映像を駆使し、かつ右横に写っている女性ガイドさんが

f:id:nbdj70mi:20190709051140j:image

めちゃめちゃテンション高めに話してくれます

 


f:id:nbdj70mi:20190709051004j:image

実際に火星での探査はこんな感じでしょう的展示

 

正直このエリアは将来的なことだったのと月よりも遠い話すぎてあまり興味がわかなかった笑

 

私は火星には移住しなくていいかなー

 

はい!次行きます!
f:id:nbdj70mi:20190709051058j:image

ケネディスペースセンターには映像で楽しむ場所もたくさんあります


f:id:nbdj70mi:20190709050933j:image

これはロケットの「サターン」を発射してISSを作るまでの過程をおじちゃんが話してくれています

 

 

ケネディスペースセンターにはこういうシアターや

f:id:nbdj70mi:20190709051214j:image

液晶ディスプレイを使ったアミューズメントも結構あります
f:id:nbdj70mi:20190709051338j:image

 

 


f:id:nbdj70mi:20190709050942j:image

シアターで学生さんの団体がぞろぞろ

 

 

やっぱり一つ一つすごいのね。魅せ方が!
f:id:nbdj70mi:20190709051123j:image

↑なんかよーわからん写真やけどさ

 

これね、宇宙に行ったロケット(無人)が帰還してなんと着陸する動画なの!

 

 

私最初見た時逆再生してるのかと思ったよ

 

信じられる!?

 

あの棒みたいな形のロケットが勢い調整して着陸するんやで!?

 

ここはなんかひたすらその映像だった笑

 

 

 

でもね、スペースシャトルもそうだけど

 

これからはなるべく再生可能な造りにして

 

コストも安くしようという試みがあるようです

 

火星移住計画も、使い捨てのロケットだと1回1回にコストがかかるから

 

 

再利用できるようにすると最終的なコストが安くなって

 

より多くの人が宇宙に行ける採算になるようです

 

f:id:nbdj70mi:20190709051137j:imageここはまた別のショートムービーが観れるところです



 

さてシアターを満喫した後は今日もバスツアーに参加します
f:id:nbdj70mi:20190709050951j:image

この前行ったのが無料のバスツアーで

 

今日は有料のバスツアーに参加ですf:id:nbdj70mi:20190709051148j:image 

 

この人が今回の隊長さん

f:id:nbdj70mi:20190709051012j:image

見た目からして優しそうな感じ

 

高校生くらいの社会科見学的なグループに混じってツアーに参加します

 

今回はロケットの打ち上げを見るところに行きます
f:id:nbdj70mi:20190709051023j:image

 

こんなに離れたところから見るんですね


f:id:nbdj70mi:20190709051348j:image

こちらがそのベンチ

 

アポロなんかを打ち上げる時もこんなところから一般の人は見るんですね

 

そしてなんと次のロケット打ち上げの日が

 

私がオーランドを出る日に決まったそうです

 

どうせ行くならロケット打ち上げとかも見れたらなと思って

 

旅行計画してた時から打ち上げの予定見てたんだけど

 

打ち上げ日が確定するのは本当に直前みたいですね

 

天候やらその他のコンディションでも変わってくるみたい

 

打ち上げの日がNASAのホームページとかで確認できるから

 

見れそうなら打ち上げが行われる施設でチケットを買って見学できる感じです

 

私も本気で滞在延長しようと思ったけどやめた

 

そして結局打ち上げの日も延期してたのでどっちにしろ見れんかったね!

 

死ぬまでに1回は見てみたいなー

 

てことでまたバスツアーに戻ります
f:id:nbdj70mi:20190709051119j:image

 

みて!
f:id:nbdj70mi:20190709051259j:image

アリゲーターがいます!

 

このケネディスペースセンター施設内はかなり広くて

 

自然公園的なところもあるので

 

自然もたくさんあって

 

こんな風に野生のワニが川に生息してるところもあります

 


f:id:nbdj70mi:20190709051306j:image

ここら辺の建物は研究施設です


f:id:nbdj70mi:20190709051332j:image

実際にこういうところでNASAの職員さんが働いているんですねー


f:id:nbdj70mi:20190709051103j:image

そしてまた戻ってきました

 


f:id:nbdj70mi:20190709051220j:image

ここがこの前のブログでものせてた組み立て棟

 

ドアが開いて中が見えます
f:id:nbdj70mi:20190709051205j:image

 

発射台です

f:id:nbdj70mi:20190709051210j:image

この黒い柱みたいなやつがロケットの隣にくっついて

 

人が出入りできるやつね 

f:id:nbdj70mi:20190709051133j:image

 

そしてまたバスは走ります
f:id:nbdj70mi:20190709051159j:image

到着したのは他の打ち上げ見学ブース
f:id:nbdj70mi:20190709051321j:image


f:id:nbdj70mi:20190709051055j:image

この日は途中から天気が悪くなってみんなこんな感じ


f:id:nbdj70mi:20190709051242j:image

ここら辺なんやったかなーなんかよーわからんけど

 

とにかく打ち上げをここから見れますよ的な感じやった笑
f:id:nbdj70mi:20190709051109j:image

ここらへんはふーん…って感じで終わった笑
f:id:nbdj70mi:20190709051344j:image


f:id:nbdj70mi:20190709051157j:image
f:id:nbdj70mi:20190709051019j:image

そしてまた組み立て棟の近くを通って帰ります
f:id:nbdj70mi:20190709051129j:image

今回はルートも別やろって思って左側に座ってみたけど
f:id:nbdj70mi:20190709051341j:image

組み立て棟の近く通るときは同じルートだったから

 

やっぱりバスツアーは右側に座るのをお勧めします!
f:id:nbdj70mi:20190709051035j:image

ちょっと中が見える!うわぁー入ってみたーい!!

 

反対方向で撮りにくいけど一生懸命拡大して写真撮る笑

 

そしてこのツアーのいいところは

 

組み立て棟の中には入れませんが、近くでバスを降りて

 

実際の組み立て棟を眺めることができます
f:id:nbdj70mi:20190709051335j:image

ここでは組み立て棟がいかにビッグかを教えてくれます

 

組み立て棟にあるクレーンは47頭のアフリカ像を持ち上げられるそう

 

ちょっとよーわからんよね笑


f:id:nbdj70mi:20190709051154j:image

実物はバスの中から見るより大きい


f:id:nbdj70mi:20190709050939j:image

組み立て棟の壁に描かれている国旗の大きさが

 

青の部分だけでバスケットボールコートの大きさだそうです
f:id:nbdj70mi:20190709051009j:image

実際に床に描いてみるとこの大きさです!

 

 

いかに大きいかがわかりますな

 

 

バスツアーが終わってサターンの棟に到着です

 

この前のバスツアーの終着点と同じね
f:id:nbdj70mi:20190709050958j:image

壁にはサターンの写真が

 

こんな感じで最初にサターン打ち上げに関する映像が流れます
f:id:nbdj70mi:20190709051314j:image

アポロ1で初めて月面到達を試みた人達の紹介などもあります

f:id:nbdj70mi:20190709051029j:image

 

そしてサターンの展示されているところに戻ってきます
f:id:nbdj70mi:20190709051248j:image

この前きたところだけど飽きずに写真撮りながら楽しむよね

 


f:id:nbdj70mi:20190709051001j:image

本当に何回見てもすごいのだ


f:id:nbdj70mi:20190709051356j:image

 

f:id:nbdj70mi:20190805192824j:image

そうそう、このサターンロケットの近くにスヌーピーの宇宙飛行士がいるよ

 

そしてまた「アトランティス」に行きます

 

なぜなら「アトランティス」にはスペースシャトルの展示だけじゃなくて

 

他にも体験型とか展示のアミューズメントもたくさんあるからです
f:id:nbdj70mi:20190709051256j:image

これが最初に流れるアトランティスの紹介動画

 


f:id:nbdj70mi:20190709051143j:image

そっからのスクリーン上がってアトランティスドーン

 

ここまじかっこいいけん!!!
f:id:nbdj70mi:20190709051310j:image

 

ごめんなさい何回も同じような写真笑
f:id:nbdj70mi:20190709051252j:image

いやー本当に生で見るとすごいんだって

 

このアトランティス施設内のアトラクションで目玉なのがf:id:nbdj70mi:20190709051303j:image

発射体験ができるコーナー

 

実際にシートに座って発射の時の音やどんな振動がくるかとかを体験できます

 

 

ちゃんと窓も液晶で再現されててリアルだったよ!

 

アトランティスに入ったらぜひやってみて!

 

ということで超絶楽しかったケネディスペースセンターともお別れです

 

2日間あっという間だったー私は2日でだいたいくまなく回れたかなって感じ!

 

帰りにスーパー的なところによります
f:id:nbdj70mi:20190709051042j:image

ドリトス買って帰ったよ
f:id:nbdj70mi:20190709051230j:image

こんなのを夜ご飯にしてしまったちょろみ

 

 

たまにはね!

 

この青のドリトス美味しかった!

 

 

次の目的地は…

 

 

コラム☆宇宙の映画☆

これはコラムというより番外編みたいな感じだけど

 

もともと宇宙好きなのもあって

 

前から宇宙ものの映画はちょこちょこ観てたのね

 

でもこうやってスペースセンターとかで宇宙のいろんなことを知ると

 

ますます宇宙について楽しめるようになります

 

宇宙のことを知らなくても、宇宙について詳しく知った時でも

 

面白いのでオススメです

 

 

そこで今回ご紹介するのがこちら!(テレビショッピング風)

 

 

アポロ13


アポロ13 (1995) 予告編

 

 はいもうトムハンクスと宇宙のコラボとかたまらんよね!(眉唾(私だけ))

 

 この予告のナレーターちょっとホラー感あるけど全然そんな雰囲気じゃないけん!

 

 

これはまさにアポロ計画の実話をもとにした話です。

 

内容もさることながら、打ち上げの様子や宇宙でのミッションなど

 

映像でみるとまたリアリティがあって面白い

 

ケネディスペースセンターも出てくるよ!

 

私は何度も見てます

 

 

もう一つがこちら

 

「ゼログラビティ」

 


サンドラ・ブロック&ジョージ・クルーニー『ゼロ・グラビティ』予告(衝突篇)

 

これは比較的新しい映画でなんか賞もとった有名なやつなんよね?

 

ちなみに私はこれで初めてジョージクルーニーの顔を知りました

 

宇宙空間で作業する場面から始まって

 

ISS人工衛星がメインで出てきます

 

 

アポロ13よりもストーリー性が強いですが

 

ISSの中もでてくるし

 

地球とは違った宇宙空間でどんなことが起こるかを知ることができます

 

ちょっと効果音?が私は怖いというかハラハラした

 

もう一つ

 

「オデッセイ」

 


映画『オデッセイ』予告編

これは私があんまり興味のない分野にはなりますが(←)

 

火星を舞台にした映画です

 

これも新しいやつやね!

 

火星に取り残された1人の宇宙飛行士が火星でサバイバルする話

 

これは上の2つに比べたらストーリー上そこまで宇宙感出してこないけど

 

どれも宇宙でのミッション中にトラブルに巻きこまれて

 

なんとか地球へ生還する話です

 

 

なのでハラハラドキドキします

 

 

地球とは違って大気や適切な気温、重力、食料がない宇宙では人は生存できない

 

地球にいれること自体がどれだけ安全なことのかをとても実感できます

 

よって私は火星には移住しません

 

Choro.

オーランド(NASA 続編)

こんにちはちょろみです

 

ケネディスペースセンターの続編です!

 

前回はバスツアーに参加してサターンロケットを見ました

 

バスツアーを終えて一息ということで

 

いつもお昼ご飯は適当にスーパーで買ったものとかなんだけど

 

誕生日のお祝いにお昼ご飯はチキンとチップスを食べました

f:id:nbdj70mi:20190725095631j:image

多すぎて完食できんかったー

 

しかし時間に限りがあるので次のところへ!

 

次はこちらへ行きます!

f:id:nbdj70mi:20190725095810j:image

アトランティス

 

という名前のブース

 

入口の前にどーーんとあるこれは

 

実はロケットではなくこれまた燃料タンクなんですねー

 

実物大なのでめちゃでかい

 

下から見るとこんな感じね

f:id:nbdj70mi:20190725100231j:image

下から撮る必要があったのかはわかりません

 

入ってすぐにスクリーンがある部屋に通されて映像が始まります

f:id:nbdj70mi:20190725100349j:image

スペースシャトルアトランティス」についての映像です

 

ここでスペースシャトルについて解説をさせてもらいますと

 

この前のブログで書いた「サターン」なんかのロケットと

 

形が全然違うこのスペースシャトル

 

むしろこっちの方がロケットといえば思い浮かべやすいかと思います

 

九州の人ならスペースワールドでおなじみのあれね笑

f:id:nbdj70mi:20190725101323j:image

そーこれ!なつかしいなぁ

 

閉園したんよねー。 って

 

f:id:nbdj70mi:20190725101602j:image

ぎゃー!壊されてるやん(泣)

 

スペースワールドスペースシャトル検索してたらこれでてきて悲しくなったわ

 

ありがとうスペースワールド

 

 

あっごめんなさい話を戻すとですね

 

…いや、でも本当子どもの頃何回か行ってて楽しかったんよねー

 

長崎とか遊園地なかったからさ、遊園地といえばスペースワールド的なね…

 

きっとお隣の佐賀さんもそうでしたでしょ?

 

だからって大きくなってからは売上に貢献するほど行ってなかったし

 

そんな都合のいい時ばっかりさみしがっちゃだめよね。

 

時代ですかね。時代には逆らえないと言いましょうか…

 

それでも次の世代にも楽しんでもらいたかったな〜

 

…はい、めそめそしててもブログはまとまってくれませんので

 

スペースシャトルの話に戻しますっ!

 

ロケットといえばスペースシャトルを思い浮かべる人もいるでしょうけど

 

簡単に言うと(簡単にしか言えない)

 

サターンロケットは月に行くことを目的としたロケット

 

スペースシャトルは次の目標として再生利用可能な宇宙船として設計されました

 

目的は人工衛星の打ち上げや国際宇宙ステーションISS)の接続、他の衛星の修理なども行ったそうです

 

 

そう、スペースシャトルが開発されたおかげで

 

国際宇宙ステーションが今ああやって活躍できていて

 

ハッブル宇宙望遠鏡スペースシャトルを利用して改修されたりしたそうです

 

ちょっとさ!話それるけどさ!

 

ハッブル宇宙望遠鏡ってすごいよね!

 

めーーーちゃ遠いところの銀河とか星とかを撮影するって

 

f:id:nbdj70mi:20190801064618j:image

これとか

 

f:id:nbdj70mi:20190801064551j:image

これとか

 

まじかよ!これリアルなのかよ!

 

と言いたくなる美しさですね

 

 

話を戻して、サターンの形を見てもらったらわかるように

 

 

全く形状が違うとなると

 

重さとか空気抵抗とかその他もろもろが設計をする上で

 

一からの設計になるわけですね

 

f:id:nbdj70mi:20190801064623j:image

こちらがアポロ計画の時の帰還モジュール

 

これに乗って宇宙空間から帰ってくるんですね

 

てこれはアポロチョコやないか!

 

大気圏突入で溶ける溶けるぅ!

 

でも本当にこんな感じの体勢で帰ってくるのね


f:id:nbdj70mi:20190801064648p:image

 

そして海に着水します

 

 

あんだけ巨大なものを打ち上げながら

 

不要なものはどんどん切り離して最小で帰ってきてたアポロ

 

前のブログにのせたけど人が3人やっと入る大きさね

 

これがスペースシャトルになると人だけじゃなくていろんなものを乗せて帰ってきて

 

滑走路に着陸する

 

それに加えて再生利用を可能にすることを考えると

 

サターンロケットよりもさらに高度な技術が必要になるわけです

 

 

その時代にタイムスリップすると

 

「誰だよロケットを再生可能にしようとか言い出したの」という声が聞こえてきそうですが

 

試行錯誤の末

 

 

計画の構想から20年かけてやっとスペースシャトルが完成しました

 

 

さすがNASAさん。

 

 

そしてこのスペースシャトルは1981年から2011年にかけて135回も打ち上げられました

 

 

ちなみに名前を聞いたことあると思いますけど

 

スペースシャトルは「コロンビア号」「チャレンジャー号」「ディスカバリー号」「アトランティス号」など複数機が使用されました

 

 

コロンビア号とチャレンジャー号では事故が起こって

 

宇宙飛行士が犠牲になるという悲しい出来事も紹介されていました

 

 

ケネディスペースセンターにもその方々を追悼する展示と

 

その犠牲を無駄にせず、宇宙の探索を続けることをNASAは誓ったようなことが書かれていました

 

 

ということでスペースシャトルの説明はこれくらいにして

 

アトランティスの紹介を。

 

 

アトランティスという施設内に入るといきなり映像から始まります
f:id:nbdj70mi:20190725100346j:image

まぁ上で書いたようなスペースシャトルの歴史がちょっとだけ流れます

 

スペースシャトルアトランティスが最後の任務を終えて無事帰ってきた映像が流れ

 

スクリーンが上がったと思いきや

 

 

目の前にそのアトランティスが!!!

f:id:nbdj70mi:20190725100343j:image

どーーーーーん!!!

 

いやこれはかなりぞわっとした!演出かっこよすぎ!

 

 

そして目の前に堂々とありすぎるアトランティス

 

かっこよすぎ!!!!

 

 

宇宙と地球を行き来して大役を終えたスペースシャトルが実際に飾られています

f:id:nbdj70mi:20190725100759j:image

 

実際に中に入るとまじまじと見れます

 

 

これまたカメラに全貌は収まらないのね

 

f:id:nbdj70mi:20190725193251j:image

これ本物だからね!

 


f:id:nbdj70mi:20190725193216j:image

窓が飛行機みたいに何個かあるのがわかるかな?

 

そうは言ってもこの機体にしてみたら小さいよね
f:id:nbdj70mi:20190725193210j:image

機体の頭のところに7.8人宇宙飛行士が乗れます。

 

それ以降はほぼ格納庫になっております

 

ここに人工衛星を入れて宇宙で組み立てたり

 

 

必要があれば宇宙から持って帰って修理をしたりもしてたそう


f:id:nbdj70mi:20190725193227j:image

格納庫はこんな感じ


f:id:nbdj70mi:20190725193055j:image

わかる?これで国際宇宙ステーションの一部を持って行って

 

宇宙で組み立てたりするの
f:id:nbdj70mi:20190725193304j:image

後ろから見るとこんな感じね


f:id:nbdj70mi:20190725193050j:image

船尾はこんな感じ

 

f:id:nbdj70mi:20190725193247j:image

噴射口

 

サターンよりは小さいね

 

もちろんこのスペースシャトルを打ち上げるための燃料タンクには大きな噴射口がついてるよ

 

 

サターンの時も思ってたんやけどさ
f:id:nbdj70mi:20190725193220j:image

このなんか配管がすごくない?複雑すぎてすごい

 

こんなことしないとちゃんと機能しないわけだし

 

しかもこれが少しも違ったらだめって考えたら

 

まじで作ってる人すごい

 

宇宙開発に関わる人達すごすぎて気持ち悪い!

 

すごきもちわるい!(超褒め言葉だよ)

 


f:id:nbdj70mi:20190725193040j:image

こんな感じで宇宙飛行士はスペースシャトルに足を固定して作業を行います


f:id:nbdj70mi:20190725193154j:image

スペースシャトルの中はこんな感じ

 

サターンロケットとは広さが全然違うね!
f:id:nbdj70mi:20190725193131j:image

そしてこれがスペースシャトルの裏側

 

スペースシャトルがどうやって帰還するのかも面白いから

 

これ見てみて!私が調べて説明するより早い!

 

f:id:nbdj70mi:20190801064611j:image

見てわかるように大気圏突入の時お腹の面でめちゃめちゃ抵抗受けてるのね

 

これのせいでかなりの高温になるんだけど

 

これまたNASAクオリティでその高温にも耐えられるタイルを開発

 

下の写真で小さなタイルが並んでるのがわかるかな?

 

すごい数のタイルがあるけど、それぞれに形が違うので

 

番号がふってて、必要なところは交換するんだって


f:id:nbdj70mi:20190725193300j:image

これが実際に大気圏を高温で通ってきたお腹部分

 

なんかリアルだよね

 


f:id:nbdj70mi:20190725193146j:image

側面はこんな感じ


f:id:nbdj70mi:20190725193126j:image

なんとスペースシャトルを載せて飛ぶ輸送機があります

 

この発想すごいよね

 

ここらへんはまた今度紹介します


f:id:nbdj70mi:20190725193100j:image

実際の歴代スペースシャトルの写真が飾られているよ


f:id:nbdj70mi:20190725193123j:image

これが宇宙空間での写真

 

こんな感じでぱかっと開けます

 

アトランティスにはほかにも子どもが楽しめるようなシュミレーターや展示がたくさんあって

 

もちろん大人も楽しめる
f:id:nbdj70mi:20190725193231j:image

アトランティスを後にして他の施設を見てみます

 

ここは宇宙開発の初期の展示があります
f:id:nbdj70mi:20190725193142j:image

待合室には宇宙開発に携わった人達の写真がかざってあります

 

サターン以外にもいろんなロケットが開発されてきました
f:id:nbdj70mi:20190725193257j:image

有人とか無人とかいろいろね

 

サターンは他のロケットたちと比べてこんなに大きいんですねー


f:id:nbdj70mi:20190725193134j:image

中に入るとまたいろんな展示が


f:id:nbdj70mi:20190725193205j:image

初期の頃の管制室の様子です


f:id:nbdj70mi:20190725193114j:image

宇宙服っぽい宇宙服


f:id:nbdj70mi:20190725193139j:image

そして宇宙飛行士の写真が飾ってあります


f:id:nbdj70mi:20190725193158j:image

本当にたくさんの人が宇宙に行ったんですね
f:id:nbdj70mi:20190725193109j:image

真ん中の人が初めて月に降りたアームストロング船長


f:id:nbdj70mi:20190725193243j:image

日本人はいなかったからNASAの宇宙飛行士さんだけなのかな?


f:id:nbdj70mi:20190725193150j:image

外に出たらいろんな種類のロケットの展示があるところで

 

ちょっとしたガイドツアーをやっていたので途中参加

 

何言ってるかわからんしすぐ終わっちゃったけどね
f:id:nbdj70mi:20190725193105j:image

そしてこの緑のところを歩くとちょっとずつエネルギーがたまって

 

いっぱいになったらこの液晶に映るロケットが発射するの

 

子どもたちが一生懸命踏んでたよ

 

 

そして時間になったので帰ります

 

私はネットで年間パスを購入したので携帯でチケット見せてたんだけど

 

年間パスを持っている人はなんとカードがもらえるそうで

 

帰る前に作ってもらったよ

f:id:nbdj70mi:20190803053057j:image

じゃーん!裏には顔写真があります

 

撮影適当すぎて運転免許証よりも映り悪いレベルやけどね

 

バスで送迎先のホテルに到着です
f:id:nbdj70mi:20190725193213j:image

こちらがホテルとユニバーサルスタジオ間の送迎バス

 

こちらもまたちょっと楽しそう

 

帰りにスーパーによるよ
f:id:nbdj70mi:20190725193118j:image

果物セット売りがお盆の時のお供え物みたいになってる笑


f:id:nbdj70mi:20190725193201j:image

 お菓子コーナー

 

f:id:nbdj70mi:20190725193239j:image

今日もまた夜ご飯に辛ラーメンを食べます!

 

いやーーーということで内容盛りだくさんの1日でした!

 

1日では全部回りきれなかったのでもう一回行くことにします。

 

 

長くなったのでコラムはお休みしまーす!

 

Choro.